医療カウンセラーになるには 求人 アルバイト 給料

スポンサード リンク

医療カウンセラーになるには

医療カウンセラーになるためには、どうしたらいいのでしょうか?国で定められている「医療カウンセラー」という資格は現在のところはありません。医療カウンセラーになりたい方は、医療の現場にいて、さまざまな知識や情報を持っていなければならないのです。決められた資格試験がない分だけ、個人それぞれがしっかりと学ばなくてはならないでしょう。

 

医療の世界では、毎日のようにいろいろなことがおこっていきます。例えば、多くの患者さんやそのご家族が心配になるのが、いったいどのような医療を受けたらいいのかということです。治療の選択肢がどんどん広がっている分だけ、患者さんやご家族は悩みます。自分に一番ふさわしい治療方法が何か、誰かに相談したいと思うものです。そんなときにこそ、医療カウンセラーが患者さんやそのご家族に親身になって、相談に乗らなくてはなりません。自分や家族が調子が悪いときには、誰でも神経質になっています。そんな不安を和らげながら、話を聞いて正しい治療方法が選択できるように、アドバイスをするわけです。

 

そのためには、医療カウンセラーは、さまざまな治療方法に精通していなければなりません。次々に生まれてくる新しい治療方法を、事細かに知っている必要があります。またその治療方法のメリットとデメリットも、詳しく知っていなければならないでしょう。相談された患者さんやご家族が、安心してその治療を選択できるように、医療カウンセラーは分かりやすく相談に乗らなければならないのです。医療カウンセラーになるためには、すべての病気や怪我などの症状と治療方法などを学ぶことです。しかも、患者さんやそのご家族の病気や怪我の症状や重症度に応じて、どの治療方法を選択したらいいのか、そのヒントをさしあげなくてはならないでしょう。

 

スポンサード リンク

わかりにくい医療制度の知識をしっかり身につける

医療カウンセラーになるために重要なのは、医療費の問題です。最初にも述べたとおりに、現在日本の保険制度や医療制度、介護制度は非常に複雑になっています。そして、医療費も高騰が続いています。医療の中には、保険がまったくきかない「先進医療」というものもあります。そのためにすべてを実費で支払わなければならないのです。患者さんやそのご家族にしたら、かなりの大きな負担になります。医療カウンセラーになるためには、保険制度や医療制度、介護制度の仕組みをすべてにわたって詳しく心得ていることはもちろんです。その上に、「先進医療」などの医療費についても、分かりやすく患者さんに情報を提供しなければならないのです。それができて始めて、立派な医療カウンセラーとして認められます。

 

近年の高齢化社会を迎えて、医療の分野はますます重要度を増しています。それは、さらに高齢者や病人が増えると予測されるからです。誰でも、年を重ねたら老いて、体が丈夫ではなくなってきます。怪我をしたり、病気をしたり、体が弱くなってしまうのです。医療の世話になる機会も増えていきます。日本には、現在さまざな医療制度があります。10年ほど前からは、介護保険制度も導入されました。また、健康保険制度もあります。度重なってその仕組みが変更されているのです。ですから、大変分かりにくくなっているという指摘もされています。ただでさえ、自分がどのような医療を受けられるのか、みんなよく分かっていません。それなのに、介護保険制度や健康保険制度がどんどん導入されたり、新しく改定されていくので、なおさら分かりにくくなっています。

 

日々変化する医療制度の知識

医療の質は日進月歩でどんどん進歩しています。以前だったら、完治することが難しかった病気でも、現在の医療を使ったら完治できる病気も増えてきました。さらには、以前には大手術が必要だった病気が、内視鏡を使って簡単に手術が行えたり、薬やそのほかの医療によって手術をしなくてもすむケースも多くなってきました。例えば、がんがいい例です。がんは以前は不治の病とも言われて、1度なってしまったら死を覚悟した病気でした。それが、徐々に治療方法も最新式の方法が見つかってきたのです。今では、がんの種類によっては、内視鏡によって簡単に手術ができてしまったり、場合によっては手術する必要もなく、抗がん剤や薬によって完治できるようになってきました。この医療の目覚しい進歩は、目を見張るものがあります。特に日本は、世界でも最新式の進んだ医療が行われているのです。

 

このように、医療の分野は毎日のように新しい技術が生まれて進んでいきます。しかし、一般の人にしたらまだまだ医療の分野は難しく、遠い世界のことのように思います。自分や家族が病にかかって始めて、医療のことを知る人も多いことでしょう。そこで、大活躍するのが医療カウンセラーです。医療カウンセラーは、このように複雑な医療の中で、いったいどうしたらよりよい医療を受けられるのかを、患者さんの立場になって相談にのる人です。病院や施設、その他の地方自治体などにも、医療カウンセラーはいます。そして医療のことに迷っていたり悩んでいる患者さんやそのご家族の相談にのっているのです。これから将来に向かっては、ますますその重要性が増して、数も増えていく仕事になります。

スポンサード リンク