ピアカウンセラーになるには 求人 アルバイト 給料

スポンサード リンク

ピアカウンセラーになるには

ピアカウンセラーというのは、アメリカで始まった考え方です。ピアカウンセラーは相互援助の精神に基づいて、障害のある方や病気の経験のある方、同じような経験をしたことがある方が、現在悩まれている方の相談にのるものです。同じような悩みを持っていた方ならば、現在悩みを抱えている方の気持ちがよく分かります。また気持ちだけではなくて、実際にはどのようにしたらいいのかという方法も心得ているでしょう。

 

ですから、アメリカで始まったピアカウンセラーは、日本にも広がってきました。自分が悩みを抱えたことがあったら、少しでもその経験をいかして、誰かの役に立ちたいと考えるものです。今、さまざまな障害や病気、悩みの世界で、ピアカウンセラーが広がってきています。そのために、ピアカウンセラーになりたいと希望される方の数も増えているのです。

 

ピアカウンセラーになるためには、いくつかの過程が必要です。まずは、自分がどのピアカウンセラーになるのかを考えましょう。自分が抱えていた障害や病気悩みについて、誰かの助けになれるかどうかを判断するのです。もしできそうだと思ったら、ピアカウンセラーになる第一歩が始まっていきます。それから、ピアカウンセラーになるためには、講座を受けなくてはなりません。あなたが何のピアカウンセラーになるのかによっても、その講座の種類は違ってきます。現在日本では、ピアカウンセラーになるための、いくつもの講座が準備されています。

 

スポンサード リンク

ピアカウンセラー講座について

講座には、公開講座、集中講座、長期講座などの種類があります。まず公開講座です。これは、日本全国で行われています。公開講座は1日だけの講座が多いです。ですから、もっと深くピアカウンセラーになる方法を知りたい方にとっては、不十分な内容かもしれないですね。ほんの少しのピアカウンセラーの導入部分と考えたほうがいいかもしれません。

 

次に集中講座ですが、これは、かなり集中して、ピアカウンセラーになるための方法を学んでいきます。1週間のうちに2,3回行われるものもありますし、中には毎日講座が開かれるものもあります。そして、長期講座です。これは文字通り長期間にわたって、ピアカウンセラーになる方法を学んでいくものです。もしあなたがピアカウンセラーになりたいのならば、このような講座に参加するのがいいでしょう。講座の種類もたくさんありますから、あなたが自分にふさわしい講座を選んでください。

 

講座は有料のものもありますし、無料で参加できるものもあります。有料でも、その値段もまちまちで大きな差があります。参加費が1000円程度の講座もありますが、中には、10万円以上の参加費が必要になる場合もあります。値段がまったく違っていますから、よく考えて参加するようにしましょう。また主催している団体も、それぞれの講座によっては違っています。どこの団体が主催をしているのかを、注意して確認することも重要になります。

 

通信講座等もあり

その他にも、ピアカウンセラーになる方法はあります。それは、通信教育で学ぶことです。通信教育で学ぶ方法ならば、どこかに出かけたり参加したりする必要はありません。あなたはご自宅にいながらにして、ピアカウンセラーになれるのです。しかも、自分の都合のいい日、時間に勉強することが可能です。通信教育によって、ピアカウンセラーになろうと思う人も増えています。通信教育のコースも、さまざまなコースが準備されていますし、主催している会社も年々増えています。あなたがピアカウンセラーになるために、通信教育で学ぼうと思ったときには、まずはその情報をたくさん集めてください。そうしたら、あなたにぴったりと合った通信教育の講座が見つかるはずです。

 

このようにさまざまな講座に参加したり、通信教育でピアカウンセラーになる方法を学んだら、そこから先はピアカウンセラーになるための、実際の訓練が始まっていきます。いくら講座を受けても、通信教育によって学んでも、それだけでは不十分なのです。頭の中で得た知識だけでは、ピアカウンセラーになることはできません。むしろ、頭の中で得た知識よりも、実際に現場で得た知識のほうがもっと重要です。実際の現場では、障害者や病気や悩み事でお困りの方の手助けをするわけです。ですから、少しでも間違ったことや足手まといになってしまうことはしてはいけません。またそこには、あなただけではなくて、さまざまな人がいます。だからあなただけが勝手なことをするのもよくないですね。みんなが気持ちをひとつに、ピアカウンセラーとしてやっていかなくては、成り立たなくなってしまうでしょう。

 

立派な信頼されるピアカウンセラーになるためには、心をこめてお世話をすることです。その心は、必ず障害者や病気の方、悩みを抱えている方にも伝わっていきます。ですから、ピアカウンセラーになるためには、心が非常に重要になるのです。どんな相手にも心をこめて接しなくてはいけません。それができたら、あなたも立派な信頼されるピアカウンセラーになれることでしょう。

スポンサード リンク