チャイルドカウンセラーになるには 求人 アルバイト 給料

スポンサード リンク

チャイルドカウンセラーになるには

「子供が好き!」という方は多いですね。最近では女性だけではなくて、男性でも子供が好きな人は増えています。そして、その子供にかかわる仕事をしたいと思っている人も多いです。子供にかかわる仕事としては、幼稚園の先生や保母さん、小学校の先生などがあげられます。けれども、これらの仕事ではなくて、もっと子供たちの心の問題にかかわる仕事をしたいと希望する人もいるでしょう。

 

現代は、子供たちのおかれた環境がかなり劇的に変化をしています。いじめや引きこもり、暴力などです。しかも、近年の特徴は、これらの子供たちの問題行動が若年化しているということです。以前ならば、これらの問題行動は、中学生や高校生に多くみられました。しかし、だんだんと若い子供たちにも、これらの問題行動が増えています。中には、5歳程度の保育園や幼稚園でも、これら問題行動が目立ってきました。その理由は、いくつか考えられます。それは、子供たちがかなりのストレスを受けていることです。広い遊び場もないですし、兄弟のいない子もたくさんいます。

 

また、ご両親がともに働いていて多忙だったりします。さまざまな環境下で、以前よりも、子供たちがのびのび育てなくなってしまっているのです。そのために、以前ならば、中学生や高校生で見られていた問題行動が、5歳児から見られるというのです。現代の子供たちのおかれた環境は、年々厳しくなってきています。

 

スポンサード リンク

増えるチャイルドカウンセラーの需要

現代社会では問題行動を起こす子供たちが、かなりの勢いで増えています。そうなったときには、子育てをしているお母様やお父様は、かなり悩みを抱えてしまうのです。特に、毎日子供と向き合っていることの多いお母様は、子供のことで頭がいっぱいになってしまいます。今、子育てのことで悩みを抱えているお母様が、非常に増えています。それは、周りに相談する相手が、少なくなってしまったからです。以前ならば、大家族だったために、周りには子供を見守ってくれる、おじいちゃんやおばあちゃんが必ずいました。

 

また、ご近所同士も行き来が盛んでしたから、子供のことを相談できる環境が整っていました。そんなご近所との交流がありますから、他のお子様を目にする機会も多いです。そうなったら、自分の子供の悩みだけではないのだと納得もいきます。そのために、あまりにも深く悩むことは少なかったのです。

 

けれども、現代の子育てをしているお母様は、孤独になってしまいがちです。子育てにあまりにも真剣に取り組むあまりに、孤独になって、子育てのことをあれこれと考えてしまうのです。あまりにも悩みが深くなると、子供を虐待してしまったり、落ち込んだり、うつ病になってしまうお母様もいます。このような事態は、なんとしても避けたいですよね。

 

そこで、お母様とお子様のさまざまな相談に乗ったり、カウンセリングを行ったりアドバイスをするのが「チャイルドカウンセラー」になります。チャイルドカウンセラーは、この5,6年の間に徐々に増えてきました。公共の施設や幼稚園や保育園、小学校にも配置されるケースがあります。まだまだ、あまりその数が多くはないですから、これからもっと需要が増えていく資格の1つです。だから、今、チャイルドカウンセラーになりたいと、希望される方が増えています。何か、自分にしかできない資格を取得して、毎日の仕事に生かしたいと考えるからです。では、どのようにしたら、需要が高まっているチャイルドカウンセラーになれるのでしょうか?

 

チャイルドカウンセラーになる講座

チャイルドカウンセラーになるためには、いくつもの方法があります。まだ若いうちにチャイルドカウンセラーになりたいと考えた方は、児童科のある、大学や短期大学、専門学校に進学しましょう。そこで、決められた過程を終了したら、チャイルドカウンセラーの資格試験を受験できるのです。資格試験に合格したら、晴れてチャイルドカウンセラーとしての毎日が始まっていきます。

 

また、大学や短期大学、専門学校を卒業してしまった後から、チャイルドカウンセラーになりたいと希望される方もいらっしゃいます。もちろん、大学や短期大学、専門学校に入学しなおしてもなれます。けれども、こういった方が、1番簡単にチャイルドカウンセラーの資格を取得するためには、通信教育講座を受験するのが早いです。また、通信教育講座以外では、スクールに通って、チャイルドカウンセラーの受験資格を得ることもできます。数多くのスクールで、チャイルドカウンセラーの講座が用意されています。毎日通う講座もありますし、1週間に1回程度通う講座もあります。ですから、あなたの生活スタイルに合わせて、1番通いやすい講座を受講してみてください。

 

大学や短期大学、専門学校、通信教育、スクールなどで、一定の過程を終了された方は、その後でチャイルドカウンセラーの、資格試験を受験することになります。JADP(内閣府認証特定非営利活動法人日本能力開発推進協会)の主催する資格試験を受験して、合格しなければなりません。この試験は、いつでもあなたの好きなときに、在宅で受験することが可能です。また、全問題の中から正解率が70%以上に達したら、チャイルドカウンセラーの資格試験に合格をしたことになります。

スポンサード リンク