夫婦カウンセラーになるには 求人 アルバイト 給料

スポンサード リンク

夫婦カウンセラーになるには

今、夫婦の形は大きく変わり始めています。以前は、結婚したら、女性は仕事をやめて家庭に入ることが当たり前でした。そして、男性は女性の分まで働いて、男性の稼いだ収入で1家は生計を立てていたのです。そして、そのうちに子供をもうけて、その子供を1人前にしていくことが夫婦の共通の仕事だったのです。けれども、最近では、そんな夫婦の形は大きく変化しています。子供を持たないことを選択する夫婦も非常に増えています。また、女性も結婚してからも、あたり前に仕事を続けていきます。そして男性の収入と女性の収入を合わせて、2人で楽しい結婚生活を営んでいくご夫婦も多いです。このように、今の夫婦の形は大きく変化をしているのです。その分、ご夫婦によって、個人差が大きくなっています。

 

その一方で、残念ながら離婚するご夫婦も多いです。3組に1組は離婚する時代になってきました。それだけ、ご夫婦の選ぶ道が多様になっているのです。そんなご夫婦の形が多様になっているからこそ、多くのご夫婦が悩みを抱えています。夫婦関係がうまくいっていなかったら、さまざまなところに悪影響が出てきますね。たとえば、お子様の教育にもよくないでしょう。お子様はお父さんやお母さんの様子をよく見ているものです。そのお二人がけんかをしていたり、口をきかなかったりしたら、お子様の教育上悪いです。また夫婦関係がうまくいっていなかったら、仕事でも悪影響が出てきます。その他にも、さまざまな面でよくないことです。何とかして夫婦関係を元のように修復したくても、なかなかうまくはいきにくいものです。話し合おうとしても、時間がなかったり、お互いに相手を思いやる気持ちが持てなかったりします。そんな夫婦関係が長く続いていたら、やがては離婚しなくてはいけなくなるでしょう。そうなったら、つらいものです。

 

そんなご夫婦関係がうまくいかなくて、危機を迎えているときに大活躍してくれるのが夫婦カウンセラーです。まだ日本では、そんなに知られていないかもしれません。けれども、夫婦カウンセラーに夫婦のさまざまな問題を相談することによって、夫婦関係が改善できるのです。夫婦2人だけで話し合っていても、なかなか話し合いの糸口は見つからないものです。お互いに感情的になったり、むきになってしまいます。そんなときこそ、夫婦カウンセラーに相談してみるのがいいでしょう。

 

スポンサード リンク

メールカウンセラーに重要な事

夫婦カウンセラーになるためには、特に資格や試験はありません。けれども、さまざまな夫婦の形について、よく知っていなくてはならないです。そして相談をしにきたご夫婦が、少しでも仲がよくなるようにしなくてはなりません。今、夫婦カウンセラーとして活躍をしている方は、どのようにして夫婦カウンセラーになったのでしょうか?1番多いのは、弁護士から夫婦カウンセラーに転身したケースです。弁護士として、さまざまな夫婦関係の相談にのっているうちに、夫婦カウンセラーになったケースです。その他にも、たとえば、結婚相談所に勤めていて夫婦カウンセラーになったケースなど、なり方はいろいろあります。

 

よい夫婦カウンセラーになるためには、まず夫婦が、どのような心理状態にあるのかを知らなければならないです。自分が結婚していても、結婚していなくても、夫婦の気持ちについて学ばなければなりません。また、夫婦関係だけではなくて、そのほかの人間関係についても詳しい必要があります。これは夫婦関係がうまく行っていない原因が、夫婦間の問題だけではない場合があるからです。たとえば、嫁姑問題が原因で、夫婦関係がうまくいっていないケースもよくあります。ご夫婦同士は愛し合っていて、仲もいいのに、嫁姑問題によって仲がこじれてしまうのです。このようなケースは、非常に多いです。ですから夫婦カウンセラーは、嫁姑問題にも詳しい必要があります。

 

また、夫婦間の問題に常に横たわっているのが金銭問題です。金銭問題についても、夫婦カウンセラーならば詳しくなければいけないでしょう。夫婦間でよくトラブルになるのが、金銭問題だからです。金銭の悩み事についても、夫婦カウンセラーは、話をよく聞いて相談にのるのです。

 

しかし中には、夫婦の関係の修復が望めないケースもあります。たとえば、それは浮気問題や暴力(DV)の問題です。このような問題では、これ以上夫婦関係を続けていくと、マイナスになってしまうことが考えられます。特に、近年は、暴力の問題が大きくなっています。暴力を受けた側が、夫婦カウンセラーに相談をしに来るケースが非常に増えています。立派な夫婦カウンセラーになるためには、このような暴力(DV)の問題にも、詳しくなければなりません。そして、暴力の被害を受けた側の立場や人権を守る必要も出てくるのです。そのときにも、夫婦カウンセラーの的確な判断が欠かせないからです。

 

このように夫婦カウンセラーになるためには、さまざまな夫婦の形を知って問題解決を図っていかなくてはならないです。そのためには、必要な知識をしっかり得なくてはいけないですね。また、ご夫婦の悩みに向き合って、優しく的確なアドバイスができなくてはならないでしょう。

スポンサード リンク