不妊カウンセラーになるには 求人 アルバイト 給料

スポンサード リンク

不妊カウンセラーになるには

今、多くの人が不妊症に悩んでいます。10組の夫婦がいたら、その内の2組が、子どもを授からなくて悩んでいるというデーターもあります。それぐらいに、不妊は大きな社会問題にもなっているのです。その原因は、いくつか考えられています。その中でも不妊に悪影響が大きい物はストレスです。現代人の多くが、何かしらのストレスを抱えているとも言われています。そのストレスが大きいと、不妊になりやすいのです。特に、今結婚しても仕事を続けている女性が多いです。仕事を続けていたら、肉体的にも精神的にも大きなストレスがかかってきます。毎日忙しくて生活が不規則になりがちです。朝早く仕事に出かけて、夜遅くまで仕事にかかりきりになってしまうこともあるでしょう。また忙しかったら、睡眠不足にもなります。その上に、ゆっくり休むこともできなくなっています。このように働く女性をめぐる環境はかなりストレスに満ちていて、厳しいものなのです。このストレスのせいで、不妊になってしまう方もいます。

 

また、もう1つ別のストレスがかかってくることもあります。それは結婚したら、子供が授かって当たり前だという考え方です。このような考え方が、周囲にはあります。そのために、「子どもはまだ?」などと聞かれることが、かなりのストレスになってくるのです。なかなか子どもが授からなかったら、この周囲の期待は、どんどん大きくなっていきます。その度ごとに、女性は大きなストレスにさらされることになるのです。周囲の期待があまりにも大きかったら、ストレスを感じてしまい、よけいに不妊になってしまうでしょう。

 

また、別の不妊の原因も考えられます。それは、さまざまな環境の変化です。その中でも大きな物は、食生活の変化です。最近では、食べ物をおろそかにしてしまいがちです。十分な栄養成分をとらないままに、妊娠期を迎えたら不妊になりやすいとも言われているのです。子どものときからファーストフードやお菓子、レトルト食品ばかりを食べていたら、子どもを授かりたいと思ったときにも、子どもができにくくなってしまいます。

 

このように、不妊に悩んでいる人の原因はさまざまです。けれども、皆さん何とかして、かわいらしい赤ちゃんをわが手で抱きたいと思っています。そこで大活躍するのが、不妊カウンセラーです。今、不妊カウンセラーは、その数を増やしています。さまざまな施設や病院、自治体などにも不妊カウンセラーがいるようになりました。

 

スポンサード リンク

知識とサポートの両方が必要

では、どのようにしたら、不妊カウンセラーになれるのでしょうか?不妊カウンセラーになるためには、不妊のあらゆる知識を持っていなくてはいけません。まずは、その知識の量を増やす必要があります。今、不妊治療は目覚しい勢いで、発展しています。医療分野の中でも、最先端を行っています。世界中から、最新式の不妊治療が紹介されていくのです。それらのすべての現状を、不妊カウンセラーになるためには知らなくてはならないです。そして、不妊に悩まれているご夫婦に、どんな治療が受けられるのかを紹介しなくてはいけません。

 

たとえば、体外受精です。体外受精といっても、その方法や受けられるご夫婦の条件などの、いくつもの詳しい説明が必要になってきます。体外受精の現状を、不妊に悩んでいるご夫婦に事細かく説明をする必要があります。体外受精を行ったら、今までだったら子宝には恵まれなかったご夫婦にも、お子様が授かるかもしれないです。けれども、その半面でリスクの問題もあります。また倫理的な問題もあります。さらには、費用がかかるのです。基本的に不妊治療には保険が適応されません。そのために、すべてを実費で支払う必要が出てきます。これは、不妊治療を行っているご夫婦にとっては、かなり大きな負担になるのです。不妊カウンセラーになるためには、体外受精1つでもこのようにいくつもの専門的な知識が必要になってきます。それらをすべて知った上で、不妊に悩んでいるご夫婦の相談にのって、的確なアドバイスを行わなくてはならないです。

 

また、不妊カウンセラーになるためには、もう1つの大きな仕事があります。それは、不妊に悩んでいるご夫婦の心理的な悩みの相談に乗ることです。これは、優秀な不妊カウンセラーになるためには、欠かせないことです。不妊に悩んでいて、不妊治療を受けるご夫婦は、かなりの心理的なストレスや悩みを抱えています。これは、どのご夫婦にもあることです。「いったいいつまで、この治療を続けていたらいいのか?」「本当に自分たちは、子どもを授かることができるのだろうか?」とにかく、あらゆる不安の中にいるといってもいいでしょう。

 

精神的な悩み事ばかりではなくて、金銭的な悩みも大きなものがあります。先ほども述べたとおりに、不妊治療は保険が適応されません。ですから長年にわたって不妊治療を続けていたら、その負担は何百万円、もっとかかるケースでは何千万円にもふくらんでいきます。いくら子どもが授かりたいからといっても、この負担は大きいですね。優秀な不妊カウンセラーになるためには、このようなご夫婦の悩みごとに、心を寄せていかなくてはならないです。つまり、現在の不妊治療のすべてを知る知識と、不妊に悩まれているご夫婦のサポート役と、2つの大きな役割が不妊カウンセラーにはあるのです。

スポンサード リンク