精神カウンセラーになるには 求人 アルバイト 給料

スポンサード リンク

精神カウンセラーになるには

現代は、心の時代とも言われています。多くの人が、心に何かしらの悩みや不安を持っているのです。若い人では小学生から、さらに上の年代では、70代、80代の方まで、さまざまな悩み事や心配事を持っています。その年代にあわせて悩みこそ違っていますが、何かの心配があることは確かなのです。

 

こんな時代だからこそ、精神カウンセラーという職業が注目されています。あなたは聞いたことがありますか?精神カウンセラーというのは、そのような悩み多き人のカウンセリングをする仕事のことです。世界中で注目されている職業でもあります。悩みを抱えている人は多いのですが、多くの人がいったい誰に相談をしたらいいのかが分かりません。それに誰にも相談をしないで、悩み事を心の中にため込んでいる人もたくさんいます。特に日本人は、悩み事をあまり相談しません。じっと、自分の中にため込んでしまう傾向が強いのです。このようなことでは、余計に悩み事は大きくなってしまったり、ふくらんでいきます。悩み事という物は誰かに相談して、自分の抱えているものを吐き出すことが非常に重要なのです。そういった意味からも、日本人はもっとカウンセリングを受けたほうがいいという意見もあります。

 

日本人に比べて、ヨーロッパやアメリカの人は、もっと身近に精神カウンセラーに悩み事を相談しています。ですから、ヨーロッパやアメリカでは、日本よりももっと精神カウンセラーがたくさんいます。そして日常のどのような些細なことでも、気軽に精神カウンセラーに相談をしているのです。仕事のこと、家庭のこと、恋人のこと、お金のこと・・・さまざまなことを精神カウンセラーに話すのです。例え、大きな進展がなかったとしても、精神カウンセラーに心の中のことを話すだけでも、だいぶ気持ちが楽になるはずです。これから、日本でもこの精神カウンセラーの仕事がもっと広く認知されて、重要なものになっていくことでしょう。

 

スポンサード リンク

メールカウンセラーに重要な事

それでは、精神カウンセラーになるためにはどうしたらいいのでしょうか?それにはいくつかの方法があります。もっとも難易度の高い精神カウンセラーになる方法は、精神科医になることです。実際に精神科の治療では、医師がカウンセリングを行っています。この精神科医によるカウンセリングならば、保険が適応されます。そのために高いお金をかけなくても、カウンセリングを行うことが可能になるのです。しかし、精神科医になるのは、かなりハードルが高いです。医学部に入ってから、6年間は勉強をしなくてはいけません。その間には高い学費も支払わなくてはなりませんから、どなたでも簡単にはなれません。また精神科医になったからと言っても、すぐにカウンセリングが始められるわけではありません。さまざまなカウンセリング技術を勉強したり、先輩の先生の下について学んだりしながら、精神カウンセラーになるために勉強をしていかなくてはならないのです。

 

精神カウンセラーになるほかの方法としては、大学の心理学科を卒業することもあります。大学で4年間人間の心理学について学ぶのです。そして、大学を卒業してから、精神カウンセラーになるための修行が始まります。このケースでもやはり簡単には精神カウンセラーにはなれないのです。精神科医が精神カウンセラーになるのと同じように、かなりの修行期間が必要です。実際に、患者さんを相手にカウンセリングを始められるのは、大学を卒業してから、5,6年以上たった後からでしょう。

 

精神カウンセラーを必要としている患者さんは、かなり心が落ち込んでいます。ですから、精神カウンセラーの言うことにも、かなり敏感になっているのです。そんな患者さんを相手にして、精神カウンセリングを行うのですから、中途半端なことではだめなのです。精神カウンセラーの言った一言に、ひどく傷ついてしまう可能性も十分にあります。ですから、精神カウンセラーの仕事は思うよりも、重要で慎重にしなくてはいけない仕事です。このような繊細な仕事内容ですから、1人前の精神カウンセラーになるためには、かなりの時間と十分な修行時間が必要になってくるわけです。

 

立派な精神カウンセラーになるためには、いったいどうしたらいいのでしょうか?それには、人間のさまざまな心理や感情について詳しくなければならないのです。また、同じ心理や感情でも、その人によってはまったく違ったように受け取るかもしれません。想像以上に、人間の気持ちは複雑なものです。精神カウンセラーになるためには、このような深い人間の心理についても、十二分に理解をしている必要があります。そうでなかったら、さまざまな悩み事を抱えている患者さんの相談に乗ったり、アドバイスを行えなくなってしまうでしょう。精神カウンセラーの発した一言は、患者さんにとって非常に重要で重い意味を持っているものです。ですからなおさら、軽はずみなことはいえないのです。精神カウンセラーの一言で患者さんの人生が明るく変わっていくかもしれませんし、また反対に傷ついて落ち込んでしまうことも考えられます。立派な精神カウンセラーになるためには、さまざまな人間の感情をよく理解して、患者さんの気持ちになって考えることが大切です。

スポンサード リンク