児童カウンセラーになるには 求人 アルバイト 給料

スポンサード リンク

児童カウンセラーになるには

子供たちをめぐるさまざまな問題があります。問題はたくさんあるのに、その解決がなされていないのが現状です。ですから、悩みを抱えている児童はたくさんいるのです。また、そのご家族も児童が悩みを抱えていたら、同じように深く悩んでしまいます。もしかしたら、児童以上に悩んでしまうかもしれません。今、児童は多くのストレスを抱えています。以前に比べて、遊び場も少なくなりました。そのために、思いきり体を動かして、遊ぶこともなくなってしまったのです。これは、幼い児童にとっては、ストレス解消ができなくなってしまいます。また、幼いうちから塾に通ったり、習い事をたくさんしています。そのために、いつも時間に追われて休んだり、ゆっくり遊んだりする時間がないのです。

 

そんなストレスのたまった状態のために、児童は問題行動が多くなるとも言われています。たとえば、凶暴になったり、落ち着いてゆっくりと座っていられなかったり、友人とコミュニケーションが取れなかったりします。近年はこのような児童の問題行動が、幼いうちから表れるのが大きな問題になっています。以前は小学校高学年になって、このような問題行動がみられたのですが、最近では、幼稚園や保育園に入園する以前の児童にも、みられるようになってきたのです。そのため、保育園や幼稚園、学校の先生や関係者も非常に困っています。何とかして児童を落ち着かせて授業を行おうとしているのですが、簡単にはいかないです。

 

そこで増えている仕事が、児童カウンセラーです。今までの先生や学校関係者では、児童の問題が大きく複雑になりすぎているのです。そのために、手に負えなくなってしまいました。そんな児童の心の問題を専門に扱うのが、児童カウンセラーの仕事なのです。児童カウンセラーは、さまざまな場所にいるようになりました。学校、幼稚園、保育園などの教育機関はもちろん、自治体や児童館、中には病院にいる児童カウンセラーもいます。これから、もっと児童の問題行動が多くなって複雑になってきたら、その需要はさらに増えることが予想されます。

 

スポンサード リンク

児童カウンセラーは大人にも対処する

児童カウンセラーの仕事は、児童の問題行動に対処するばかりではありません。児童の問題行動に悩んでいるさまざまな人の相談にのったり、アドバイスをしたりします。児童のご両親や幼稚園や保育園や小学校の先生なども、児童カウンセラーに相談にのってもらうのです。そうしたら、自分たちがどのように、問題行動を起こす児童と向き合っていったらいいのかが分かります。むしろ幼い児童は問題行動を起こしても、悪いことをしている意識がないものです。周りにいる大人たちのほうが、問題行動をおこす児童の対処方法が分からないことが多いです。周りにいる大人たちの悩みは、かなり深いものがあります。眠れなくなったりして、体調を崩してしまう方もいます。そんな児童の問題行動に悩んでいる大人は、児童カウンセラーに相談して、どうしたらいいのかアドバイスを受けるのです。

 

では、どのようにしたら、児童カウンセラーになれるのでしょうか?児童カウンセラーになるためには、いくつかのなり方があります。精神科医などの医者の免許を持っている人もいますし、臨床心理士の人もいます。また心理学を学んだ人もいます。このように児童カウンセラーになる方法は、いろいろとあるのです。何か決まった方法やなり方があるわけではありません。けれども、児童カウンセラーになるためには、まず児童の心理状態に詳しくなくてはいけないのです。どうしてそのような問題行動に走ってしまうのか、その心の奥には何があるのか、詳しい知識を持っている必要があります。また、その解決方法も具体的に知っていなくてはなりません。

 

また、先ほども述べたとおりに児童の問題行動に悩んでいるのは、むしろ周りにいる大人たちです。児童カウンセラーになるためには、そういった悩みの深い周りの大人たちに対するカウンセリングも欠かせないものになっています。周りの大人たちの悩みや不安をよく聞いて、その心の相談に乗ってあげる必要があります。特に、問題行動を起こす児童のご両親は、かなり心のダメージが大きいものです。他に相談をする人も見つからないですし、いったいどうしたらいいのかが、まったくわからない状態なのです。児童カウンセラーになるためには、まずはそんなご両親のカウンセリングを、上手に行わなくてはならないでしょう。

 

信頼される児童カウンセラーになるためには、「あの児童カウンセラーに話しをしたら、心がすっきりとした」と思われるようでなくてはいけませんね。そのためには、やらなくてはならないことはたくさんあります。まずは、さまざまな児童に関する知識を少しでもたくさん仕入れることです。そして、それを、実際のカウンセリングに生かしていかなくてはならないのです。そのためには、ただ知識を仕入れるだけではなく、さまざまな児童の悩み事を理解して、問題をともに解決していこうという姿勢も重要になってきます。

スポンサード リンク