ストレスカウンセラーになるには 求人 アルバイト 給料

スポンサード リンク

ストレスカウンセラーになるには

現代は、ストレスの時代とも言われています。皆さん、毎日忙しい生活を送っています。ゆっくりと休んだりくつろいだりする時間が、まったく取れないのです。このような多忙な生活が続いていたら、どんどんストレスがたまっていくでしょう。自分がストレスがたまっていることにも気がつかないままに、さらにたくさんのストレスを抱え込んでしまっているのです。かといって、忙しかったら、仕事を休んだりはできません。仕事を休んでしまったら、仕事がなくなってしまうという危機感も働きます。そのために、2重3重に、ストレスがたまっていくのです。

 

また、人間関係でも、ストレスをため込んでいる人が多いです。毎日の生活の中で、誰かに気を使ったり、誰かの機嫌をうかがわなければならないからです。そんなことを長く続けていたら、それも大きなストレスになってきます。あなたは、大丈夫でしょうか?言いたいことが言えたら、ストレスも少なくなりますが、言いたいことは言えないものです。だから、ますます大きなストレスに襲われてしまいます。

 

専門家によっては、この情報化社会が、更なるストレスの元だという人もいます。何しろ時間の流れが速くて、一瞬にして、すべての情報がかけ巡っていきます。そのために、朝も昼も夜もなく24時間、情報にさらされてしまうのです。その速度に人間がついていかれなくなった場合には、多大なストレスがかかってしまうのです。だから、毎日のようにパソコンや携帯電話、スマートフォンに囲まれた生活をしていたら、以前に比べても、多くのストレスがあなたにはかかってしまうのです。

 

スポンサード リンク

様々なストレスに対応する

このように、今の社会はかなりストレスがたくさんあります。そのために、体調を壊してしまう人もいます。うつ病になったり、頭痛や腹痛などを訴える人もいます。その他にも、不登校になったり、会社に行かれなくなったり、家庭内暴力になったり、ひどくなったら、引きこもりになってしまうケースもあります。あなたの周りにも、ストレスから、健全な日常生活が送れなくなってしまうケースがたくさんあふれています。

 

また、病気ではないのですが、ストレスが問題行動として表れる場合もあります。たとえば、アルコール依存症やギャンブル依存症です。これらの依存症も元をたどったら、大きなストレスによって、心身のバランスが崩れてしまったことが、大きな原因になっているのです。これだけではなくて、お金を使いすぎる浪費癖や過食なども元をたどったら、大きなストレスによって引き起こされた症状の1つなのです。こんなにも、あなたの日常には、ストレスによっておこる、さまざまな悪影響があふれているのです。あなたも注意していないといつストレスによって、心身のバランスを崩してしまうか分からないですね。

 

ストレスカウンセラーについて学ぶ

こんなストレスがたっぷりあふれている現代で、注目されているのがストレスカウンセラーです。あなたは、聞いたことがありますか?ストレスカウンセラーは、今注目されている仕事の1つです。この5,6年の間に、だいぶ認知されて広がってきました。では、どのようにしたら、このストレスカウンセラーになれるのでしょうか?

 

ストレスカウンセラーになるためには、国家資格や統一された資格試験はありません。まずは、大学や専門学校などで、心理学を学ぶところから始める方が多いようです。専門のストレスに関係する心理学を学んだ後は、ストレスについてさらに深い勉強が必要になってきます。「ストレス」と一言で言っても、その定義も広いですし、さまざまな症状があります。それに扱う範囲も多岐にわたっています。それらのすべてのことを、ストレスカウンセラーになるためには、しっかりと学ばなくてはならないのです。どんな些細なことも、おろそかにはできないですね。そして、学問として学んだ後には、実際に現場に出て、実例をよく知らなくてはいけません。学問として、いくらストレスについて学んだとしても、ストレスカウンセラーにはなれないのです。何よりも重要なのは、現場に出て生の現状をよく知ることです。

 

さまざまな場所で実際の現場を見て、ストレスカウンセラーとしての修行が始まります。ストレスを抱えて、心身の調子が悪くなってしまった人の話を、とにかくよく聞くことが重要になってきます。しかし、このときには、十分な配慮が必要です。ストレスを抱えて、心身の調子が悪くなってしまった人は、いわば病人さんです。その病人さんに、あまりにもしつこく詳しく話を聞くことは、絶対にしてはならないことです。ストレスを抱えて、心身の調子を崩している患者さんは、あまり話をしたがらないものです。ですから、ストレスカウンセラーになるためには、その様子を遠くから見守ることが必要になります。また、先輩のストレスカウンセラーや病院の医師、看護師、介護師、そのほかの病院スタッフとも、十分に連携をしていきましょう。このように、ストレスカウンセラーになるためには、少しでも多くのストレスに悩んでいる患者さんと実際に接して、温かく見守る気持ちが重要です。他のスタッフとの連携やコミュニケーションも、合わせて求められるのです。

スポンサード リンク